「かたじけない」の語源と由来、意味とは。

言葉
こんにちはTORAです。



時代劇などで、耳にする、「かたじけない」って言葉の語源や意味、由来は、あなたは知っていますか?

今回は、現代語ではめったに聞かなくなった「かたじけない」についてお伝えします。

かたじけない

語源と由来

一般的に使われる「ありがたい」に対して、「かたじけない」はあらたまった場面で使われる丁寧な言い方です。
古来より「貌醜なし」「難し気無し」「勝たじ気甚し」説があり。
身分の高い人への恐れ多い気持ちからできた言葉という説もあり。
諸説あります。

 

意味

「かたじけない」は漢字では「忝い・辱い」と書き、
「恐れおおい、もったいない」「面目ない、恥ずかしい」「ありがたい、感謝する」という意味でして、
現代で言うと、感謝の気持ちで一杯です。とうお礼の言葉です。

かたじけない

使い方

  • お礼の場合(有り難い時)
    何かを手助けしてもらった 時に「かたじけない」

  • 相手に感謝(感謝・恩に着る)
    仕事の穴埋めをしてくれて恩に着る 時に「かたじけない」

    ちなみに、江戸時代なら「かたじけのうございます」とよく時代劇では耳にします。

    かたじけない

    まとめ

    こんなグタグタな本当に文章でかたじけない。
    最近では時代劇でしか耳にしない言葉。あまり使われなくなった言葉。
    でも、日本語の奥深さがとても伝わりますね。
    そんな日本語を、少しでも後世に伝えていければ良いですね。

    今日も一日お疲れ様でした。

     

 

ページの先頭へ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。