文化・歴史

「日本のサムライはクールだ!」侍に魅了される外国人達

スポンサードリンク


こんにちはTORAです。

「るろうに剣心」という週刊少年ジャンプで連載していた漫画をご存知ですか?
再び連載開始?されるとか。
ちなみに海外でも人気だったそうで、私も学生時代は欠かさず読んでいました。
歴史モノってハマると読み続けてしまうのですよね。

私は日本の戦国時代や幕末の歴史小説を好んで読んでいます。
そう、サムライの生き様が好きなんです。

さてさて、今回は外国人にも人気の「日本のサムライ」についてお伝えします。

samurai1

侍の歴史

侍とは、元々は農民で平安時代に身分の高い人々に仕え、身辺警護をする人達、官吏、役人の呼称で
「従う」という意味の「さぶらう(候ふ・侍ふ)」という言葉から来ていて、

また、本来は朝廷や貴族に仕える下位の支配階級を意味したのだが、後世では武芸をたしなむ役人、すなわち武士をさすようになり、上級の武士に使われるようになり、
武芸家のみならず、法律について学んだ人々のことも、「サムライ」と呼ぶようになった事が始まりだそうです。

侍と武士って違うの?

武士(ぶし):侍は貴人とするが、武士は軍人とする。侍とほぼ同義。
武士(もののふ):Buxi(ブシ)やMononofu(モノノフ)はそれぞれ「武人」「軍人」を意味するポルトガル語の訳語。
武士の読みの違いであって、意味に違いは無いそうです。

samurai2

侍の魅力って?

私もこの記事を書いていてサムライの魅力とは結局何なのかを見失いそうでした。
ですが、サムライスピリッツと言う言葉があるように、侍の精神(サムライ魂)が魅力的なのだと私は思います。

また、海外でもサムライの立ち振る舞いや思想などがとても愛されています。

まとめ

結局のところ、現代人は本来あるべき日本という国を日本人は改めて学ぶべきだと私は思う。
なぜ、海外にはない言葉と文化なのに彼らが魅了するだけの理由があるかと言うと、侍人気は結局のところ「武士道」という生き様があり、
自分自身に責任を持ち、貫き生きる事が魅力的なんだと私は思います。


この記事を読んだあなたも、日本の古き良き文化を改めて考え、後世に伝えていきましょう。

今日も一日お疲れ様でした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク