食文化

白米にケチャップかけちゃうの!?海外でも人気の日本のソース

スポンサードリンク


こんにちはTORAです。

皆さん知ってますか?
日本のソース(ウスターソースお好み焼きソースとんかつソース)は海外でも大人気なんです!

日本のソース

そもそもソースとは、料理にて使われる液体ないしペースト状の調味料を広く指します。
そんなソースは世界各国に多くの種類が存在します。
当然、日本独自の物も存在します。
例をあげると、例えば醤油(ソイソース)やお好み焼き用ソースなどです。
特に、海外ではソイソースと言われて親しまれている醤油は、世界でもかなりの高評価を得ています。

お好み焼きソースも、お好み焼きと共に世界的に知名度を上げつつあります。
醤油の中でも、特にキッコーマン製の製品は特に人気があります。
お好み焼きソースもオタフクソース辺りはとても人気です。
では、その両者の魅力は何でしょうか?

まずは醤油からですが、醤油の魅力はまず、どの食材とも適合性が高いことでしょう。
魚や肉などの食材にはもちろん、野菜にも合いますし、海外発祥のチーズ等にも適合してしまいます。

醤油自体がかなりおいしい物なので、より食材の味も引き立つでしょう。
また、一口に醤油と言ってもまた、多様な種類の物があります。
例えば、関東方面で親しまれている濃口醤油、関西で親しまれている淡口醤油、非常に濃厚で刺身に良く合うたまり醤油などがあります。
同じ醤油でも、調理性や味に大きく違いがありますので、多くの魅力を味わうことができます。

お好み焼きソースの魅力

お好み焼きソースの魅力もまた然りです。
元々は、戦後にウスターソースを販売していたメーカーがお好み焼き屋などに販促を掛けて売っていました。
そのうち、お好み焼きの上からこぼれにくい物が必要とされて、現在のお好み焼きソースが出来上がりました。

こちらは醤油と違い、歴史がかなり浅いです。
当初はドロドロとしていたために、本当においしいのかすら疑われていたようです。
それも時間と共に認められていきました。

しかし、お好み焼き用ソースには、醤油をもしのぐ可能性がある魅力を秘めています。
まず、醤油並みの万能性があります。
実はお好み焼き以外の料理にも合いますし、最近入った揚げ物系との相性は抜群です。

また、おいしさはもちろんなのですが、実はお好み焼き用ソースはかなりの種類の香辛料が使われていて、かなり味も濃いです。
しかし、その割にはヘルシーなのです。
卵を不使用なので、アレルギーを心配する必要もありません。
これは女性の方にも嬉しいです。

ところで、醤油もソースもですが、ご飯にかけちゃう人もいますね。
卵かけごはんに醤油ならずウスターソース。
某大学の学食で見かけた外国人留学生は白米にケチャップをかけてケチャップライスにして召し上がってました(笑)

日本のソースの魅力(まとめ)

このように、日本のソース類にはこのようにたくさんの魅力があります。
この記事を読んで、日本のソースに対する理解が深まりましたね?

これであなたも、今後は日本の沢山のソースの味を楽しめることでしょう。

今日も一日お疲れ様でした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク